ヌメ革

ヌメ革 「ヌメ革」は、植物の渋にも含まれる成分のタンニンを使って牛の原皮を鞣し、型押しなどの表面加工をほとんど施さずに仕上げた革。 数ある革の中でも最も革らしい雰囲気を持つため、“革の中の革”とも呼ばれます。 傷痕やシワ・血管や毛穴の痕などの自然の刻印(ナチュラル・スタンプ)がそのまま残されるため、表情がとても豊かで個性的になります。
  • <
  • 1
  • >